金曜日も暑さ継続 被災地は猛暑に警戒を!

13日(金)は東・西日本は暑さが続き、関東から九州にかけて35℃以上の猛暑日となるところがある見込み。午後は天気の急変に注意が必要となる。東北は午前中は雨、北海道は午後は一時的に強い雨に注意が必要だ。

被災地で最も気温が高く
きょう13日(金)は、被災地周辺で厳しい暑さとなる。
予想最高気温は岐阜は37℃と全国で最も気温が高くなる予想で、京都は36℃、岡山35℃、広島や高知は34℃、松山は33℃の見込み。避難所では体に熱が込もらないよう、濡れたタオルで首元を冷やすなど、出来る範囲での熱中症対策を心がけたい。
また、食べ物が傷みやすくなるため、食中毒にも注意が必要となる。

金曜日も暑さ継続 被災地は猛暑に警戒
13日(金)夕方の発雷確率
暑さと天気急変に注意
日本付近は、西日本に中心を持つ太平洋高気圧に覆われる。広い範囲で晴れて気温が上昇し、35℃以上の猛暑日となるところもある。厳しい暑さが続くため、熱中症などの健康管理に注意したい。
東・西日本の内陸は気温の上がる午後は大気の状態が不安定となり、局地的に対流雲が発達するおそれがあるため、落雷や突風、短時間強雨に注意が必要だ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です