石油ストーブの需要が爆発的に増えてます

震災以後、電気を使わずに使用できる石油ストーブの需要が爆発的に増えてます。

石油ファンヒーターにしろ、電気ストーブにしろ、電気が無ければどうにもならないですからね。

何かあった時のために一台持っておくのも悪くないと思います。

震災をきっかけとした防災、節電意識の高まりから、需要が著しく高まった。

特に石油ストーブは、AC電源を必要とせず、停電時も運転できるため需要が増加しているという。

石油ストーブは長年使っていると「芯」と呼ばれる部分が劣化してしまいます。

芯がダメになると点火しにくくなったり、熱が弱くなったりします。

今回点火しなくなり、私は芯を購入(型番が分かれば芯は簡単に探せます)して自分で交換しました。

ネットなどで自分で替え芯の交換をする方法や手順を紹介しているサイトが多くあります

今回はコメリの動画を参考にしました

汚れを高硬度塗膜対応つや出し鏡面仕上げ剤で磨き綺麗に仕上がりました

↑芯交換、磨き前の状態

↓芯交換完了と磨き完了の状態です ここまでの作業時間は一時間足らずで費用もわずかで済みました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です