全国から市場輸送

岐阜)早生の柿、出荷始まる 大野町

[PR]

 大野町で3日、町特産品の柿の出荷が始まった。同町相羽にあるJAいび川大野営農センターの柿共選場では、女性たちが一つずつ丁寧に選別した。

 同町では「町かき振興会」の400人以上の会員が、栽培面積約140ヘクタールで富有柿などの品種を生産している。この日、作業があった「西村早生(わせ)」は、関東地方に出荷されるという。

 JAいび川の担当者によると、作業は12月上旬ごろまで続き、富有柿などの品種と合わせて約2千トンの出荷を見込んでおり、全国のほか、富有柿の一部は海外にも出荷されるという。(古沢孝樹)

本日弊社は積込みに来ています

大田市場から始まり何件かの市場配達で夕方出発です

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です